Excelが「未知」ではなくなり、高付加価値業務に集中できるようになった|ExcelCamp参加者⑤Hさん

「ExcelCampって実際どうなの?」「本当にExcelが上達するの?」という疑問に答えるためにスタートした参加者インタビュー。5人目は、2022年にコンサル会社に新卒入社されるHさんに話を伺いました。

取材担当者

Hさん、本日はよろしくお願いします。

Hさん

こちらこそよろしくお願いします!

ExcelCampはExcel初心者・苦手な方のための研修です。
・たった1日でExcel操作が「激変」します。
・講義中に反復練習するから、その場でExcelが得意になります。
・延べ2,000名以上が参加し、満足度は9.71(10点満点)です。

目次

今回インタビューした方:Hさん

名前Hさん
年齢20代
ご職業学生

Q. なぜExcelCampに参加しましたか?

大学1年生のときにバイト先でExcelを使う機会があったのですが、全然思うように操作できず苦戦していました。

バイト先の先輩に「この研修参加してみたら?」とご紹介いただいたのがExcelCampでした。

私もExcelをいつか勉強したいと思いつつ漠然とわからない状態が続いていたので、どういうものなのか理解するきっかけにしたいと思いました。

もちろん、Excelを独学するほどのモチベーションもなかったので、研修という機会で「半強制的」に覚えられるのは有り難かったです。バイト先の同期と2人で参加しました。

Hさん

周りにExcelが出来る人がたくさんいて、
どこか「負い目」を感じていたのかも知れません。

Q. 参加前、Excelはどのくらい使えていたんですか?

「SUM関数」すらかけませんでした

誰かが作ってくれたリストを操作して、閲覧することしかできなかったです。マウスでリストのフィルター操作をして、見たい情報をみるくらいでした。

そもそもExcel自体に高校、大学では触れてこなかったので、ExcelCampに参加したときは本当にExcel初心者そのものだったと思います。

Hさん

Excelで「何か作れ」と言われても、
Excelで「何ができるか」がわかりませんでした。

Q. ExcelCamp参加前、どんな気持ちでしたか?

緊張というか、少し「怖かった」ことを覚えています。周りの参加者の人が、自分よりもExcelが出来る人なのではないかと

ついていけなくなる可能性というか、そのような不安は少しありました。

なので、本当に空っぽの初心者の状態で研修するのは「ヤバそう」と思って、研修の前夜にExcelの関数や基本操作を一夜漬けで勉強していきました笑

Hさん

今となっては全く意味がありませんでした笑。

これからExcelCampに参加する方には、「ExcelCampはどんなに初心者の方でも予習はいりません!」と強調したいです!

Q. 参加してみてどうでしたか?

「セルとは何か?」から教えてくれて、最後までついていけないということはありませんでした

講師やインストラクターの方もとても穏やかにわかりやすく教えてくれたので安心でした。Excel以外の雑談もしてくれたので、気楽に受けられましたね。

一番の衝撃は、いかにミスなく効率的に最速で操作することを「Excelが得意」と定義していたこと。自分が思っていた「Excel得意」と全然違った。いろんな関数を「知っている」ことが得意なのかと思っていました。

でも知識は、調べればすぐに出てきます。「移動と選択」のように、業務で頻出の操作は無意識レベルで操作できるように練習したほうがいいというのは納得しましたし、ExcelCamp参加中に実感しました

Hさん

列幅の自動調整をするショートカット「Alt+H+O+I」は
「おるとホイ!」と直感的に教えてくれて、

Excelをゴロで覚える」というのも新体験でした笑。

Q. 研修後から、お仕事内容はどう変化しましたか?

Excelが未知のものではなくなったので、自分でリストを作る機会が多くなりました。ExcelCampで習った操作を、仕事を通じて覚えたかったというのもあります。

そうすると、周りの同期や先輩に「なんでそんなに速いの?どうやってるの?!」と声をかけられるようになりました。できなかった立場から、一気に教える立場になりました笑。

Hさん

参加前は、バイト先で一番Excelができなかったのに、
参加後は、みんなからExcel操作を聞かれるようになりました。

Excelスキルを活かし、コンサル会社のインターンに挑戦

また、身につけたExcelスキルをより実践の場で活かしたいと思い、現在はコンサル会社のインターンをしています。

主に「システム開発のPM」と「戦略コンサル」の2つの業務をしていますが、どちらにもExcelCampで学んだスキルはとても役立っています

システム開発のPMでは「管理リスト」をExcelで作る機会が頻繁にあります。内部の進捗管理やクライアントとのコミュニケーション、製品管理など。プロジェクト数も結構あるので、それぞれ管理シートを用意していくと、1日1つは管理シートをつくっているのではないかというほどです

今では約2分で管理シートのフォーマットを作成できるので、その分高付加価値な業務に自分の時間を当てられるようになっています。

また戦略コンサル業務では、「シミュレーター」をExcelで作成し納品しています。経営の最終決断を下すにあたって必要な情報を集めて、コストや売上のシミュレーターを作成する業務を1から自力でできるようになりました

Excelの操作スピード以外でも、データの構成の仕方、作業設計の部分も見通しが立てられるようになりました。Day3で分析方法や手順を教えて頂いたおかげです。

Hさん

作業スピードだけではなく、作業の内容も高いクオリティで作業できるようになりました。ExcelCampには本当に感謝しています。

Q. ExcelCampはどんな方におすすめだと思いますか

もう、全員に受けてほしいですね笑

私の経験から言うと、ほとんどExcelの知識や経験がない超初心者の人には特におすすめできます

そもそものExcel用語や、運指(指の使い方)から教えてくれるので、変な癖がついていない初心者の状態のほうが、むしろ覚えやすいと思います。

また、Excel使う使わないに限らず、データを大量に扱う仕事をしている方にも、ExcelCampを受ける価値は大いにあると思います。

取材担当者

インタビューは以上です。

貴重なお話を有難うございました!

Hさん

こちらこそありがとうございました!

目次
閉じる