【神速】0.5秒でExcelのウィンドウを切り替えるショートカットキーを「Alt&Tab」を解説

ExcelCamp講師おすすめのショートカット

Excelのウィンドウを切り替える [見出しへ▼]
Alt&Tab
※Excelに限らず使用できます

※ショートカットキーの表記について
ExcelCampではショートカットの表記を以下に統一しています。
・「&」は同時に押すショートカットです。たとえばCtrl&Cなら、Ctrlキーを押しながら同時にCキーも押すことで発動します。
・「+」は順番に押すショートカットです。たとえばAlt+E+Lなら、Altキーを押した後に一度指を離し、ELキーをそれぞれ順番に押すことで発動します。

————

Excelのウィンドウを素早く切り替えるショートカットはAlt&Tabがおすすめです

この記事では「初心者から上位1%を目指す!ExcelCamp」の講師が、ウィンドウを切り替えるショートカットの使い方について詳しく解説します

※Mac版Excelのショートカットは紹介していません。Windows版のショートカットのみを紹介しています。

目次

0.5秒でExcelのウィンドウを切り替えるショートカットキー

Windowsノート_アクティブ画面の切り替え_ショートカット

Alt&Tab

ウィンドウの切り替えは、AltキーとTabキーを同時に押すことで素早く操作可能です

ExcelCamp講師 野沢先生

このショートカットには、

①適切な運指(指の動かし方)
②押す順番
③離す順番

という3つのポイントが存在するので、以下詳しく解説します。

操作のポイント1:適切な運指(指の動かし方)

(運指)Windowsノート_アクティブ画面の切り替え_ショートカット

ショートカットを押す際の指の位置は、左手の親指でAltキー、左手の中指か薬指でTabキーを押すことがおすすめです。

ExcelCamp講師 野沢先生

非常によく使う操作なので、

左手だけで最速に押す方法を突き詰めた結果、上記の結論に達しました。

操作のポイント2:押す順番

同時押しで発動するショートカットですが、Altキーを先に押していないと発動しません

細かく解説すると、以下の仕様になっています。

Altキーを先に押してから、Tabキーも同時に押す→発動する
AltキーとTabキーを全く同時に押す→発動する
Tabキーを先に押す→発動しない

操作のポイント3:離す順番

さらに細かな仕様ですがAltキーを先に押してから、Altキーは離さずにTabキーも押すことでショートカットが発動し、ウィンドウの切替画面が表示されます。

以降Altキーはずっと押したままTabキーか矢印キーを押すことで、アクティブなウィンドウを移動することができます。

アクティブをWordに移動させました(Altキーはずっと押したまま)

切り替えたいウィンドウにアクティブを移動したら、ここではじめてAltキーを離すことでウィンドウを切り替えることができます

Wordウィンドウに切り替えることができました

おすすめしないショートカット

Excelのブックを切り替えるショートカットとしてCtrl&Tabがありますが、Alt&Tabのほうが便利なのでExcelCampではおすすめしておりません

野沢先生

Ctrl&Tabは、「どのExcelブックに切り替えるか」を選ぶためのサジェストが出てこないという点で不便です。

またWindowキーとTabキーを同時に押すショートカットも存在しますが、こちらもAlt&Tabに比べて操作の手間が多く非推奨です

神速のExcel操作をまとめて知りたい方へ

第1回ExcelCamp実施時の写真

体系的にExcel操作を学びたい、Excelが苦手なので得意になりたいという方は、
「上位1%を目指す!ExcelCamp」のDay1にご参加頂くのがおすすめです。

ExcelCampは「Excel初心者が2日間で上位1%を目指す」をコンセプトに、これまで延2,000人の方に圧倒的なスキルを身につけて頂いております。

下の動画は、「Excel上位1%」の視覚イメージです。「30秒」だけお付き合いください。

ExcelCampの研修内容や日程はこちらからご確認ください。

著書「神速Excel」も絶賛発売中

目次
閉じる