【神速】0.2秒で「読み取り専用」のExcelシートを解除するショートカットキーを解説

ExcelCamp講師
おすすめのショートカット

「読み取り専用」を解除する [見出しへ▼]
F2++Enter

その他ショートカット [見出しへ▼]
Alt+F+I+E

※ショートカットキーの表記について
ExcelCampではショートカットの表記を以下に統一しています。


・「&」は同時に押すショートカットです。たとえばCtrl&Cなら、Ctrlキーを押しながら同時にCキーも押すことで発動します。


・「+」は順番に押すショートカットです。たとえばAlt+E+Lなら、Altキーを押した後に一度指を離し、ELキーをそれぞれ順番に押すことで発動します。

————

第三者から共有してもらったExcelを開くとき、「読み取り専用」と表示された経験はありませんか。

「読み取り専用」は編集ができないモードなので、Excelを編集するためには設定を解除する必要があります

この記事では「初心者から上位1%を目指す!ExcelCamp」の講師が、最も効率の良い「読み取り専用」を解除するショートカットを解説します

※Mac版Excelのショートカットは紹介していません。Windows版のショートカットのみを紹介しています。

目次

Excelの「読み取り専用」を解除するショートカット

Windowsノート_読み取り専用の解除_ショートカット

F2++Enter
F2キーを押す際に、PCによってはFnキーも同時に押す必要があります。

F2キー(場合によってはFnキーと同時押し)、キー、Enterキーを順番に押すことで、「読み取り専用」モードを解除することができます。

共有を受けたExcelシートを開くと、このように「読み取り専用」と表示されることがよくあります
F2キーを押すと、このような注意ボックスが表示されます。
デフォルトでは「キャンセル」にアクティブがいるので、←キーを押してアクティブを「編集を有効にする」に移動します
Enterキーを押すことで「読み取り専用」を解除できます
ExcelCamp講師 野沢先生

他にも
F12を押す
Ctrl&Sを押す
などショートカットで解除する方法は色々とありますが、F2キーを押す方法が最速です

ショートカットガイドをたどって、「読み取り専用」を解除する方法

Windowsノート_読み取り専用の解除_ショートカット2

Alt+F+I+E

F2を使った解除方法は最速ですが、ガイドが表示されないため覚える必要があります。

ExcelCamp講師 野沢先生

少し解除速度は遅くなりますが、

「ファイル(F)」→「情報(I)」→「編集を有効にする(E)」と、ショートカットガイドをたどる解除の仕方もあります。

Altキーを押すとショートカットガイドが表示されます。Fキーを押して「ファイル(F)」を選びます
ファイル項目が開かれるので、Iキーを押して「情報(I)」を選びます
情報の項目が開かれるので、Eキーを押して「編集を有効にする」を選択します
「読み取り専用」が解除できます
ExcelCamp講師 野沢先生

読み取り専用以外にも、

例えば「マクロの有効化」もAlt+F+I+Nで、ショートカットガイドをたどりながら解除可能です。

神速のExcel操作をまとめて知りたい方へ

第1回ExcelCamp実施時の写真

体系的にExcel操作を学びたい、Excelが苦手なので得意になりたいという方は、
「上位1%を目指す!ExcelCamp」のDay1にご参加頂くのがおすすめです。

ExcelCampは「Excel初心者が2日間で上位1%を目指す」をコンセプトに、これまで延2,000人の方に圧倒的なスキルを身につけて頂いております。

下の動画は、「Excel上位1%」の視覚イメージです。「30秒」だけお付き合いください。

ExcelCampの研修内容や日程はこちらからご確認ください。

著書「神速Excel」も絶賛発売中

目次
閉じる