【神速】どこからでも0.1秒でexcel左上の「A1セル」に移動するショートカットキーを解説

ExcelCamp講師
おすすめのショートカット

A1セルに移動する [見出しへ▼]
Ctrl&Home
※PCによってはFnキーも同時に押す必要があります

好きなセルに移動する [見出しへ▼]
F5+ セルアドレスを入力 +Enter

※ショートカットキーの表記について
ExcelCampではショートカットの表記を以下に統一しています。


・「&」は同時に押すショートカットです。たとえばCtrl&Cなら、Ctrlキーを押しながら同時にCキーも押すことで発動します。


・「+」は順番に押すショートカットです。たとえばAlt+E+Lなら、Altキーを押した後に一度指を離し、ELキーをそれぞれ順番に押すことで発動します。

————

Excelシートの一番左上にある「A1セル」に一瞬でショートカットキーが存在します。

この記事では「初心者から上位1%を目指す!ExcelCamp」の講師が、最も効率の良く「A1セルに移動」するショートカットを紹介します

また、A1セル以外のセルにも一瞬で移動するショートカットも同時に解説しています。

※Mac版Excelのショートカットは紹介していません。Windows版のショートカットのみを紹介しています。

目次

ExcelのA1セルに一瞬で移動するショートカット

Windowsノート_A1セルに移動する_ショートカット

Ctrl&(Fn&)Home

A1セルに一瞬で移動するショートカットは、Ctrlキーを押しながらHomeキーを押すことで発動します

ExcelCamp講師 野沢先生

Homeキーは、Fnキーと一緒に押さないと反応しないキーボードがあります

またHomeキー自体がそもそもないキーボードは、Fnキーを押しながらキーで反応する場合もあります

どのセルにいてもCtrl&Homeを押すと、A1セルに移動することができます

好きなセルに一瞬で移動するショートカットを解説

F5+ セルアドレスを入力 +Enter
F5キーを押すときに、PCによってはFnキーも同時に押す必要があります

F5ジャンプ」という機能を使えば、A1セルだけでなく、好きなセルに一瞬で移動することができます。

F5キーを押すと、「ジャンプ」ボックスを開くことができます

参照先にアクティブがいるので、移動したいセルのアドレスを入力します。

例えばH50セルに移動してみます。

参照先に「h50」とセルのアドレスを入力します

セルアドレスは「h50」「H50」どちらでも構いません。

最後にEnterキーを押すことでH50セルに移動できます

H50セルに移動しました

神速のExcel操作をまとめて知りたい方へ

第1回ExcelCamp実施時の写真

体系的にExcel操作を学びたい、Excelが苦手なので得意になりたいという方は、
「上位1%を目指す!ExcelCamp」のDay1にご参加頂くのがおすすめです。

ExcelCampは「Excel初心者が2日間で上位1%を目指す」をコンセプトに、これまで延2,000人の方に圧倒的なスキルを身につけて頂いております。

下の動画は、「Excel上位1%」の視覚イメージです。「30秒」だけお付き合いください。

ExcelCampの研修内容や日程はこちらからご確認ください。

著書「神速Excel」も絶賛発売中

目次
閉じる