【神速】0.1秒で直前のExcel操作を「繰り返す」ショートカットを解説

ExcelCamp講師
おすすめのショートカット

直前のExcel操作を繰り返す [見出しへ▼]
F4
※PCによってはFnキーを同時に押す必要があります

※ショートカットキーの表記について
ExcelCampではショートカットの表記を以下に統一しています。


・「&」は同時に押すショートカットです。たとえばCtrl&Cなら、Ctrlキーを押しながら同時にCキーも押すことで発動します。


・「+」は順番に押すショートカットです。たとえばAlt+E+Lなら、Altキーを押した後に一度指を離し、ELキーをそれぞれ順番に押すことで発動します。

————

例えば同じセルの色や文字色をたくさんの場所に何度も繰り返して塗りたいとき、いちいち同じ操作を繰り返さずともショートカットキーが存在します。

この記事では「初心者から上位1%を目指す!ExcelCamp」の講師が、最も効率の良く「直前の操作を繰り返す」ショートカットを紹介します

※Mac版Excelのショートカットは紹介していません。Windows版のショートカットのみを紹介しています。

目次

Excelシートのウィンドウ枠を固定するショートカット

Windowsノート_直前の動作を繰り返す_ショートカット

(Fn&)F4

直前の操作を繰り返すショートカットは、F4キーを押すことで発動します

ExcelCamp講師 野沢先生

PCによってはFnキーを押しながらF4キーを押さないと発動しないことがあるので、うまくいかない方は試してみてください。

例えば文字色を赤くしたとします
他に色を塗りたい行に移動して
F4キーを押すことで、すぐに同じ色を塗ることができます
間に他の操作をしない限り、何度でもF4キーで同じ操作を繰り返せます
範囲選択をして、一気に操作することもできます

F4キーで繰り返すことができる操作一覧

F4で繰り返すことができる操作一覧(抜粋)

文字色
セルの色
・太字、斜体、下線
・行列の挿入、削除
・罫線(枠線)
・その他「セル全体」の書式変更
など

F4キーで繰り返すことができる操作は、上記のように多岐にわたります。

ExcelCamp講師 野沢先生

ただし、よく使うのは太字で書いた文字色セルの色変更くらいです。

その他の操作は、もともとのショートカットを使ったときと比べて操作速度に大差ありません

F4キーで繰り返せない操作

F4で繰り返せない操作一覧

・値の入力
・関数の入力
・セル内の一部だけの書式の変更

上記の操作は、F4キーで繰り返すことができません。

基本F4で繰り返せるのは書式の変更なので、値や関数の入力セルの参照などは繰り返せません。

また、下記のようなセル内の一部だけの書式変更は繰り返すことができません。

神速のExcel操作をまとめて知りたい方へ

第1回ExcelCamp実施時の写真

体系的にExcel操作を学びたい、Excelが苦手なので得意になりたいという方は、
「上位1%を目指す!ExcelCamp」のDay1にご参加頂くのがおすすめです。

ExcelCampは「Excel初心者が2日間で上位1%を目指す」をコンセプトに、これまで延2,000人の方に圧倒的なスキルを身につけて頂いております。

下の動画は、「Excel上位1%」の視覚イメージです。「30秒」だけお付き合いください。

ExcelCampの研修内容や日程はこちらからご確認ください。

著書「神速Excel」も絶賛発売中

目次
閉じる