【神速】0.1秒でExcelファイルを閉じる、ボックスを閉じるショートカットキーを解説

ExcelCamp講師
おすすめのショートカット

Excelファイルを閉じる [見出しへ▼]
Alt&(Fn&)F4
※PCによって、Fnキーを押す必要がある場合・必要ない場合が分かれます

おすすめしない
Ctrl&W
Ctrl&(Fn&)F4

ボックスを閉じる [見出しへ▼]
Esc

※ショートカットキーの表記について
ExcelCampではショートカットの表記を以下に統一しています。


・「&」は同時に押すショートカットです。たとえばCtrl&Cなら、Ctrlキーを押しながら同時にCキーも押すことで発動します。


・「+」は順番に押すショートカットです。たとえばAlt+E+Lなら、Altキーを押した後に一度指を離し、ELキーをそれぞれ順番に押すことで発動します。

————

Excelファイルを閉じるとき右上のバツマークを押さずともショートカットキーが存在します。

また一度表示させたボックスも一瞬で閉じることができるショートカットキーがあります。

この記事では「初心者から上位1%を目指す!ExcelCamp」の講師が、最も効率の良いExcelファイルの閉じ方、ボックスの閉じ方を解説します

※Mac版Excelのショートカットは紹介していません。Windows版のショートカットのみを紹介しています。

目次

Excelファイルを閉じるショートカット

Windowsノート_ファイルを閉じる_ショートカット

Alt&(Fn&)F4

Excelファイルを閉じるショートカットは、AltキーとF4キーを同時に押すことで発動します

PCによってはFnキーも同時に押す必要があるため、Alt&F4で反応しない方は試してみてください。

下記のような「このファイルの変更内容を保存しますか?」というボックスが表示されます。

直前に上書き保存をしてから、何も変更を加えていない場合は表示されません。

保存する場合はSキー
保存しない場合はNキー
キャンセルしたい場合はEscキー
を押すことでそれぞれ選択できます。

複数Excelファイルを開いている場合

複数Excelファイルを開いていて、そのうち1つのファイルだけを消したい場合も、基本的にはAlt&F4です。

ただ古いバージョンのExcelを使っている場合やPCの種類によっては、AltF4ですべてのExcelファイルが消えてしまうことがあります。

その場合は代案としてCtrl&Wを使ってみてください

ExcelCamp講師 野沢先生

肌感としては、9割以上はAlt&F4でいけます。

推奨しないショートカット

Ctrl&W
上記、Alt&F4ですべてのExcelファイルが消えてしまう場合のみ使う。

Ctrl&(Fn&)F4
Alt&F4で事足ります。

表示されたボックスを閉じるショートカット

Windowsノート_Esc_ショートカット

Esc

「 このファイルの変更内容を保存しますか? 」「名前を付けて保存」「セルの書式設定」など、Excelには様々なボックスが存在します。

ショートカットで操作をしていると、間違えてボックスを開いてしまうことがよくあります。
そんなときに一瞬でボックスを閉じることができるのがEsc(エスケープ)キーです。

ExcelCamp講師 野沢先生

ヘルプ(F1キー)以外のボックスは、すべてEscキーで閉じることができます。

嫌なことあったらEsc

やっぱり便利ですね~!

神速のExcel操作をまとめて知りたい方へ

第1回ExcelCamp実施時の写真

体系的にExcel操作を学びたい、Excelが苦手なので得意になりたいという方は、
「上位1%を目指す!ExcelCamp」のDay1にご参加頂くのがおすすめです。

ExcelCampは「Excel初心者が2日間で上位1%を目指す」をコンセプトに、これまで延2,000人の方に圧倒的なスキルを身につけて頂いております。

下の動画は、「Excel上位1%」の視覚イメージです。「30秒」だけお付き合いください。

ExcelCampの研修内容や日程はこちらからご確認ください。

著書「神速Excel」も絶賛発売中

目次
閉じる