【神速】0.1秒でExcelシートを名前を付けて保存、上書き保存するショートカットキーを解説

ExcelCamp講師
おすすめのショートカット

名前を付けて保存 [見出しへ▼]
(Fn&)F12
※PCによって、Fnキーを押す必要がある場合・必要ない場合が分かれます

上書き保存 [見出しへ▼]
Ctrl&S
Save(保存する)で覚えます

※ショートカットキーの表記について
ExcelCampではショートカットの表記を以下に統一しています。


・「&」は同時に押すショートカットです。たとえばCtrl&Cなら、Ctrlキーを押しながら同時にCキーも押すことで発動します。


・「+」は順番に押すショートカットです。たとえばAlt+E+Lなら、Altキーを押した後に一度指を離し、ELキーをそれぞれ順番に押すことで発動します。

————

Excelシートを保存するショートカットは「名前を付けて保存」と「上書き保存」の2種類がありますが、どちらもノーマウスで操作できるようショートカットキーが存在します。

この記事では「初心者から上位1%を目指す!ExcelCamp」の講師が、最も効率の良い「保存」のショートカットを紹介します

※Mac版Excelのショートカットは紹介していません。Windows版のショートカットのみを紹介しています。

目次

Excelシートを「名前を付けて保存」するショートカット

Windowsノート_名前を付けて保存_ショートカット
F12キーは右上の方にあります

(Fn&)F12

名前を付けて保存はF12キーを押すことで発動します。

「名前をつけて保存」ボックスが表示されます

PCによってはFnキーを押しながら操作する必要がありますので、F12キーだけ押しても反応しない方は試してみてください。

名前を付けて保存は、ローカル環境で共有資料をダウンロードしたり、他者から受領したエクセルを編集したりするときには必ず行った方がよい操作です。

ExcelCamp講師 野沢先生

共有頂いたファイルを編集する場合、もらった時の状態を残しておくために名前を付けて保存が必要です。

ファイル名の末尾に「v0.1」「v1.1」とバージョン表記をつけて管理することが多いです。

ファイル名の編集の仕方(ショートカット)

F12で名前を付けて保存ボックスを開くと、ファイル名がアクティブになっています。

ファイル名が編集できるモード(アクティブ)になっている

そのためマウスをファイル名まで持っていってクリックする必要はなく、キーかキーを1回押すことでファイル名をすぐに編集できます。

「→(右矢印)」キーを押すとファイル名の一番後ろにカーソルが移動します
「←(左矢印)」キーを押すと一番前に移動します

その他、ファイル名編集で役立つショートカットをまとめました。

ファイル名の編集で役立つショートカット

左に移動:キー
右に移動:キー
一番左にワープ:キー
一番右にワープ:キー
前の文字を消す:Backspaceキー
後ろの文字を消す:Deleteキー
ファイル名を確定:Enterキー

ボックスの消し方(ショートカット)

間違えて「名前を付けて保存」ボックスを開いてしまった場合、Esc(エスケープ)キーで閉じることができます。

ExcelCamp講師 野沢先生

大抵のボックスはEscキーで閉じることができます。

その他、書き途中の関数や値もEscキーでなかったことにできるので、「嫌なことあったらエスケープ」と覚えておきましょう!

Excelシートを「上書き保存」するショートカット

Windowsノート_上書き保存_ショートカット

Ctrl&S

上書き保存はCtrlキーを押しながらSキーを押すことで発動します。「Save(保存する)のS」と覚えてください。

ExcelCamp講師 野沢先生

上書き保存はこまめにしておいてください。

神速のExcel操作をまとめて知りたい方へ

第1回ExcelCamp実施時の写真

体系的にExcel操作を学びたい、Excelが苦手なので得意になりたいという方は、
「上位1%を目指す!ExcelCamp」のDay1にご参加頂くのがおすすめです。

ExcelCampは「Excel初心者が2日間で上位1%を目指す」をコンセプトに、これまで延2,000人の方に圧倒的なスキルを身につけて頂いております。

下の動画は、「Excel上位1%」の視覚イメージです。「30秒」だけお付き合いください。

ExcelCampの研修内容や日程はこちらからご確認ください。

著書「神速Excel」も絶賛発売中

目次
閉じる