【神速】0.5秒でExcelのブック(book)を切り替えるショートカットキーを解説

ExcelCamp講師おすすめのショートカット

Excelのブック(book)を切り替える
おすすめAlt&Tab

おすすめしないCtrl&Tab
※サジェストが出てこないので探しにくいです

※ショートカットキーの表記について
ExcelCampではショートカットの表記を以下に統一しています。
・「&」は同時に押すショートカットです。たとえばCtrl&Cなら、Ctrlキーを押しながら同時にCキーも押すことで発動します。
・「+」は順番に押すショートカットです。たとえばAlt+E+Lなら、Altキーを押した後に一度指を離し、ELキーをそれぞれ順番に押すことで発動します。

————

Excelのブック(book)を切り替えるショートカットは本来Ctrl&TabですがAlt&Tabを使った方が、意図したブックを素早く選べておすすめです

この記事では「初心者から上位1%を目指す!ExcelCamp」の講師が、最も効率の良い「Excelのブックを切り替える」ショートカットを紹介します

※Mac版Excelのショートカットは紹介していません。Windows版のショートカットのみを紹介しています。

目次

0.5秒でExcelのブック(book)を切り替えるショートカットキー

おすすめAlt&Tab
おすすめしないCtrl&Tab

Excelのブックを切り替えるショートカットはCtrl&Tabですが、「どのExcelブックに切り替えるか」を選ぶサジェストが出てこないので不便です

野沢先生

特に複数のExcelブックを開いていると、目当てのシートを探しにくいです。

おすすめのショートカット:Alt&Tab

Excelのブックを素早く切り替えるショートカットはAlt&Tabがおすすめです。

野沢先生

このショートカットにはおすすめの運指(指の使い方)があります。

以下の図の通り指を動かして操作してください。

まず左手の親指でAltキーを押した状態にします(指を離さないでください)。

そのまま、左手の中指か薬指でTabキーを1度押して離すとアクティブ切り替え用の画面が表示されます。

以降Tabキーを押すごとにカーソルの位置が移動します(この間Altキーはずっと押したまま)。
※ちなみにShift&Tab矢印キーでもカーソルの移動が可能です。

切り替えたい画面にカーソルが移動したら、Altキーを押さえている親指を離すことで、その画面にアクティブを切り替えることができます。

野沢先生

Ctrl&Tabよりも目当てのシートを探しやすいですし、Excelのブック切り替え以外の場面でも使えるため

総合的に判断してAlt&Tabを推奨します。

ブックを切り替える以外にも、神速のExcel操作をまとめて知りたい方へ

第1回ExcelCamp実施時の写真

体系的にExcel操作を学びたい、Excelが苦手なので得意になりたいという方は、
「上位1%を目指す!ExcelCamp」のDay1にご参加頂くのがおすすめです。

ExcelCampは「Excel初心者が2日間で上位1%を目指す」をコンセプトに、これまで延2,000人の方に圧倒的なスキルを身につけて頂いております。

下の動画は、「Excel上位1%」の視覚イメージです。「30秒」だけお付き合いください。

この記事を書いた人

株式会社DIK&company データサイエンティスト
ExcelCamp運営メディア 編集長

第1回ExcelCampに生徒として参加し、DIK&Companyのインターンを経て正社員として入社。現在は業務改善コンサルタントとして複数のプロジェクトに従事。ExcelだけでなくPowerPoint、Chrome、Notionなどあらゆるアプリケーションの最速操作技術に精通している。

目次
閉じる