【神速】Excelの「セルの書式設定」をすべてショートカットキーで最速操作する技術を解説!

ExcelCamp講師
おすすめのショートカット

セルの書式設定を開く [見出しへ▼]
Ctrl&1

※ショートカットキーの表記について
ExcelCampではショートカットの表記を以下に統一しています。


・「&」は同時に押すショートカットです。たとえばCtrl&Cなら、Ctrlキーを押しながら同時にCキーも押すことで発動します。


・「+」は順番に押すショートカットです。たとえばAlt+E+Lなら、Altキーを押した後に一度指を離し、ELキーをそれぞれ順番に押すことで発動します。

————

Excelのセルの書式設定は、全てショートカットで操作することができます。

この記事では「初心者から上位1%を目指す!ExcelCamp」の講師が、効率の良く「セルの書式設定」をショートカットキーで操作する方法を解説します。

※Mac版Excelのショートカットは紹介していません。Windows版のショートカットのみを紹介しています。

目次

Excelの「セルの書式設定」を開くショートカットキー

Windowsノート_セルの書式設定_ショートカット

Ctrl&1

セルの書式設定ボックスを開くショートカットキーは、Ctrlキーを押しながら数字の1キーを押すことで発動します

Ctrl&1でセルの書式設定ボックスを開くことができます

「セルの書式設定」ボックス内を全てショートカットで操作する方法

タブを移動する


タブからアクティブを移動する
TabShift&Tab

指定の場所にアクティブを移動する
Alt&アルファベット

項目を選ぶ


「OK」を選択
Enter
※うまくいかない場合は、Ctrl&Tabを押した後にEnterキーを押してください

「キャンセル」を選択
Esc

「セルの書式設定」ボックスを全てショートカットで操作するためには、上記の技術が必要です。

一つ一つは簡単な機能ばかりですので、それぞれ解説していきます。

ショートカット1:タブを移動する

表示形式~保護までを「タブ」と呼んでいます

タブの移動はキーキーで行います。

ExcelCamp講師 野沢先生

キーで左のタブに、キーで右のタブに移動するので、

直感的に覚えやすいと思います。

ショートカット2を読む前の補足
「アクティブ」って何?

簡単にいうと、アクティブとは「動いたり編集したりできる状態」のことです。

例えばショートカット1でタブを左右の矢印キーで移動できたのは、「タブ」がアクティブになっていたからです。

セルの書式設定ボックスには様々な機能があるので、操作をしたい場所にアクティブを切り替える必要があります

ショートカット2:アクティブを切り替える

「セルの書式設定」ボックスを開くと、常にタブがアクティブの状態です。

タブ以外の項目を編集するにはアクティブを移動させる必要があり、Tabキーでできます

Tabキーを何度か押すと、下のようにアクティブの位置が移動していきます。

Excel_Windows_Tabキーでアクティブを移動する
ExcelCamp講師 野沢先生

Shiftキーと同時にTabキーを押すと、

上記の順番を逆走してアクティブが移動します。

ショートカット3:指定の場所にアクティブを切り替える

毎回Tabキーを何度も押すのは面倒ですし、非効率です。

実は、指定の場所にアクティブを一気に切り替えられるショートカットがあります

よくみると「背景色」には(C)と書かれています。その他「塗りつぶしの効果」には(I)、「その他の色」には(M)、パターンの色には(A)とそれぞれ書かれています。

このアルファベットをAltキーと一緒に押すことで、一気にその場所にアクティブを切り替えることができます

なので、「タブ」にアクティブがいる状態から「背景色」にアクティブを移動させたければ、AltキーとCキーを同時に押します

背景色にアクティブが移動し、矢印キーで色を選べるようになりました

ショートカット4:項目を選ぶ

アクティブを移動した先の項目を選ぶためには、キーを使います。

背景色も矢印キーで選ぶことができ、確定するときはEnterキーを押します。

フォント名はキーで選びます。

罫線についても基本は同じですが、線の引き方は少し特殊です。

ExcelCamp講師 野沢先生

罫線の書式設定はCtrl&1よりも、

Alt+H+B+Mで開いたほうが効率的だったりもします。詳しくは以下の記事にすべてまとめています。

ショートカット5:「OK」を選択

項目を選んだら、Enterキーを押して「OK」を選択できます。OKを選択したら変更した書式設定が確定し、セルに反映されます。

ExcelCamp講師 野沢先生

アクティブの位置によっては、Enterキーを押してもOKが選べないことがあります。

そんなときは、裏ワザ的ですがCtrl&Tabを一度押してからEnterキーを押すとうまくいきます
※なぜ解決するのかはマニアックな話になってくるので割愛します・・・

ショートカット6:「キャンセル」を選択

変更を破棄してキャンセルしたい場合はEscキーを押します。Excelで開いたボックスを閉じるショートカットです。

タブごとに「セルの書式設定」の最速活用法を紹介!

表示形式
ユーザー定義:Alt&C+キーで移動
その他の操作:使わない(Excelのホームメニューからたどるほうが速い)

配置
縮小して全体を表示す:Alt&K
その他の操作:使わない (Excelのホームメニューからたどるほうが速い)

フォント
使わない (Excelのホームメニューからたどるほうが速い)

罫線
開き方:Alt+H+B+M
色の変更:Alt&C
スタイルの変更:Alt&S
罫線を引く:Alt&各種(隠しコマンド)

塗りつぶし
使わない (Excelのホームメニューからたどるほうが速い)

保護
(シートを保護した状態で)
ロックする:Alt&L
非表示にする:Alt&I(アイ)

セルの書式設定には多種多様な機能があり全てをショートカットで操作できますが、最速で操作するためには「使わない機能」もきちんと把握することが大切です

「表示形式」でよく使う機能

「表示項目」のタブでよく使う機能はユーザー定義です。その他の機能は別のショートカットの方が速いです。

代わりにおすすめなショートカット
数値に変更:Ctrl&Shift&1
日付に変更:Ctrl&Shift&3
通貨に変更:Ctrl&Shift&4
%に変更:Ctrl&Shift&5
標準に戻す:Ctrl&Shift&^

まずAlt&Cで分類(C)にアクティブを移し、キーを数回押してユーザー定義まで移動します。

↓キーは何度か押さなければいけないので、押しっぱなしで下まで移動するのが最速です。

一度Tabキーを押すか、Alt&Tを押すことで、種類(T)にアクティブを移動します。

種類の記入欄にアクティブが移動しました
ExcelCamp講師 野沢先生

ユーザー定義は、自分で書式のルールを決めることができる機能です。

好きな書式を何でも作れますが、ここでは特に便利でよく使う機能を1つ紹介します

ユーザー定義で便利な機能:数字の追加ルール

例えば従業員数を「〇〇人」表記にしたいとします。値として「10人」「6人」と記入してしまうと、合計の行に使っているSUM関数がエラーになってしまいます。

こんなときにはユーザー定義で「0 “人”」と記載することで解決します。

0は「任意の数字」という意味です。

“(ダブルクオーテーション)で囲った文字を、書式として追加することができます

EnterキーでOKを押すと、値は数字データのまま、見た目を「〇〇人」表記に変えることができます

値は数字データのままなので、SUM関数も正常に計算されています。

「配置」でよく使う機能

「配置」タブでよく使う機能は「縮小して全体を表示する」です。その他の機能は別のショートカットを使ったほうが速いです。

代わりにおすすめなショートカット
文字を左揃え:Alt+H+L+1(数字)
文字を中央揃え: Alt+H+A+C
文字を右揃え:Alt+H+R
折り返して全体を表示する:Alt+H+W
セル結合:Alt+H+M+M
セル結合解除:Alt+H+M+U
※ExcelCampでは「セル結合」は使わないことを推奨しています。詳しくはこちらの記事

上記のように、「配置」タブにあるほとんどのショートカットは「ホーム(H)」からガイドでたどることができ、その方が早く操作することができます

よく使う機能なのに、ホームからたどることができない機能が「縮小して全体を表示する」です。

Alt&Kでチェックの付け外しをして、Enterキーで確定します。

このようにはみ出している文章を、

セル幅に文字が収まるように文字サイズを自動調整する機能です。

「罫線」でよく使う機能

「罫線」タブの機能は総じてよく使います。ただ使うときはCtrl&1からではなく、Alt+H+B+Mで開いたほうが効率的です

ExcelCamp講師 野沢先生

打数はCtrl&1よりも多いですが、

毎回「罫線」タブの位置で書式設定を開けるため、トータルでみるとAlt+H+B+Mのほうが操作が速くなります。

「罫線」タブで使える機能は以下のように多種多様なため、別の記事で詳しく解説しています。

罫線タブで使う機能

色を変更する
Alt&C

スタイルを変更する
Alt&S

罫線を引く(隠しコマンド)
外枠を引く:Alt&O
内側を引く:Alt&I
左側を引く:Alt&L
右側を引く:Alt&R
上側を引く:Alt&T
下側を引く:Alt&B
水平を引く:Alt&H
垂直を引く:Alt&V

罫線を消す
すべて消す:Alt&N
一部消す:(すでに線が引かれている状態で)再度ショートカットを実行

斜め罫線を引く
右斜線(上向き線)を引く:Alt&U
左斜線(下向き線)を引く:Alt&D

「保護」でよく使う機能

「保護」タブではシートのロックシートの非表示の2つの機能があります。

前提として、「ワークシートの保護」をした状態でしか設定できませんのでご注意下さい。ワークシートの保護は以下のショートカットです。

ワークシートの保護をするショートカット
Alt+R+P+S
メニューから[校閲]→[シートの保護]

シートの保護は、パスワードを知らないユーザーに対してあらゆる操作を制限する機能です。

「フォント」「塗りつぶし」でよく使う機能はない

「フォント」「塗りつぶし」のタブでよく使う機能はありません。

特に「フォントの変更」や「塗りつぶし」については、以下の記事で紹介している方法が最速操作なので、セルの書式設定を使ってはいけません。

その他おすすめなショートカット

文字サイズを変更する:Alt+H+F+S
文字フォントを変更する:Alt+H+F+F

神速のExcel操作をまとめて知りたい方へ

第1回ExcelCamp実施時の写真

体系的にExcel操作を学びたい、Excelが苦手なので得意になりたいという方は、
「上位1%を目指す!ExcelCamp」のDay1にご参加頂くのがおすすめです。

ExcelCampは「Excel初心者が2日間で上位1%を目指す」をコンセプトに、これまで延2,000人の方に圧倒的なスキルを身につけて頂いております。

下の動画は、「Excel上位1%」の視覚イメージです。「30秒」だけお付き合いください。

ExcelCampの研修内容や日程はこちらからご確認ください。

著書「神速Excel」も絶賛発売中

目次
閉じる