【神速】Excelで今日の日付、時間、曜日を入力する関数、ショートカットキーを解説

ExcelCamp講師
おすすめのショートカット

今日の日付を入力 [見出しへ▼]
Ctrl&;(セミコロン)

関数で書く場合 [見出しへ▼]
=TODAY()
※開くたびに今日の日付に書き換わる

現在の時刻を入力 [見出しへ▼]
Ctrl&:(コロン)

関数で書く場合 [見出しへ▼]
=NOW()
※開くたびに今の時刻に書き換わる

連続した日付データを入力 [見出しへ▼]
Alt+E+I+S+Enter

連続した曜日データを入力 [見出しへ▼]
Alt+E+I+S+Alt&F+Enter
連続データボックスの「オートフィル」機能を使うショートカットです

関数で書く場合 [見出しへ▼]
「月」「火」「水」の表記:=TEXT(値,”aaa”)
「月曜日」「火曜日」の表記:=TEXT(値,”aaaa”)
「Mon」「Tue」「Wed」の表記:=TEXT(値,”ddd”)
「Monday」「Tuesday」の表記:=TEXT(値,”dddd”)
※「値」には日付が書かれたセルを参照するか、直接入力する必要があります

※ショートカットキーの表記について
ExcelCampではショートカットの表記を以下に統一しています。


・「&」は同時に押すショートカットです。たとえばCtrl&Cなら、Ctrlキーを押しながら同時にCキーも押すことで発動します。


・「+」は順番に押すショートカットです。たとえばAlt+E+Lなら、Altキーを押した後に一度指を離し、ELキーをそれぞれ順番に押すことで発動します。

————

Excelで日付、時間、曜日を入力するときに便利なショートカットはいくつか存在します。

この記事では「初心者から上位1%を目指す!ExcelCamp」の講師が、最も効率の良い「日付」「時間」「曜日」を入力するショートカットを紹介します

※Mac版Excelのショートカットは紹介していません。Windows版のショートカットのみを紹介しています。

目次

Excelシートで「今日の日付」を入力するショートカット

Windowsノート_今日の日付_ショートカット

Ctrl&;(セミコロン)

今日の日付を入力するショートカットは、Ctrlキーを押しながら、;(セミコロン)キーを押すことで発動します

Ctrl&;と押すだけで、自動で今日の日付が入力されます。

ショートカットを使う方法では、日付は「値」で直接入力されるので、日にちが変わっても入力された日付は「2021/12/10」のままです。

ExcelCamp講師 野沢先生

請求書の請求日入金日、シートの最終更新日など

日によって情報が変わってほしくない日付の入力をする際には、このショートカットを使います。

TODAY関数を使って日付を書く方法

日付はTODAY関数を使うことでも入力することができます。

()内には何も入れる必要ありません。
今日の日付が入力されました

Ctrl&;(セミコロン)との違いは、日にちが経つごとに入力も更新されることです。

たとえばTODAY関数を書いたファイルを「2022年1月1日」に開けばTODAY関数の表示も「2022/01/01」に、2022年1月2日に開けば「2022/01/02」に変わっています。

ExcelCamp講師 野沢先生

良くも悪くもTODAY関数で入力したデータは日付とともに「変わってしまう」ので、

日付が変わってはいけない箇所にはTODAY関数は使わないようにしましょう

連続する日付データを一瞬で書く方法

Excel上、日付データは「数値データ」として扱われます。そのため「今日の日付+1」という演算を書くと明日の日付を出すことができます。

「日付+1」と書くと、
翌日の日付が入力できます

この性質を利用すると、連続データを入力するショートカットAlt+E+I+S+Enterを使って、複数の連続した日付を一瞬で書くことができます

まず起点となる日付を入力します
入力したいセルの範囲を選択します
Altキー、Eキー、Iキー、Sキーを順番に押すと「連続データ」ボックスが表示されます
最後にEnterキーを押すことで一瞬で日付を入力できます
ExcelCamp講師 野沢先生

Alt+E+I+S+Enterでは、「選択範囲で+1ずつ数字を増やす」という操作を行っています。

「今日+1」は「明日」になる日付の性質を利用した技です。

中田先生

Alt+E+I+Sはなかなか覚えにくいショートカットなので、

(E)ええ感じで、(I)いっこずつ、(S)数字増やす」と覚えてみてください。

覚えやすいかは別ですが。。。笑

日付の書式を変更する方法

Ctrl&1(数字)を押すことでセルの書式設定を開けます。

キーとキーを押すことでタブを移動できます。日付の書式は「表示形式」というタブ内で変更します。

セルの書式設定で使えるショートカット

アクティブを変更する:Tabキー、Shift&Tabキー
「分類」にアクティブを移動する:Alt&C
「種類」にアクティブを移動する:Alt&T

Excelシートで「今日の時刻」を入力するショートカット

Windowsノート_今の時刻を入力する_ショートカット

Ctrl&:(コロン)

今の時刻を入力するショートカットは、Ctrlキーと:(コロン)キーを同時に押すことで発動します

Ctrl&:と押すだけで、自動で今の時刻が入力されます

日付同様に、ショートカットを使う方法では「値」が直接入力されるので、日にちが変わっても入力された日付は変わりません。

NOW関数を使って日付を書く方法

日付はNOW関数を使うことでも入力することができます。

()内は何も入れる必要ありません。NOWの文字は小文字でも大丈夫です。
今日の日付+時刻が表示されます

Ctrl&:(コロン)との違いは2つあります。

1つ目はTODAY関数と同様に、時間が経つごとに入力も更新されることです。今14:26と表示されたとしても、1分後には「14:27」、10分後には「14:36」に表示が変わります。

ExcelCamp講師 野沢先生

NOW関数の時刻、TODAY関数と同様に「変更されてしまう情報」です。

時刻が変わってはいけない箇所には使わないようにしましょう

オートフィル機能で、「曜日」を一瞬で入力するショートカット

Alt+E+I+S+Alt&F+Enter

曜日を入力する手順は、以下のオートフィルを使った方法が最速です。

①まず1番上の日付に曜日を手入力します。

①で入力した曜日が一番上に来るように、曜日入力をしたい範囲を選択します。

Altキー、Eキー、Iキー、Sキーの順番で押して「連続データ」ボックスを開きます

Alt&F(同時押し)で、「オートフィル」にチェックを付けます。

Enterキーを押すと、一気に曜日が入力されます。

ExcelCamp講師 野沢先生

オートフィルの機能はとても便利で、

「月曜日」「Monday」「Mon」など別の曜日表記でも反応してくれますし、

「1月」「2022年」「子(十二支)」など他の連続データでも使用することができます。

中田先生

連続データを使うときは、②の選択する工程を忘れがちです

しっかりと手になじませて、一連の操作をセットで覚えるようにしてください。

TEXT関数を使って曜日を書く方法

TEXT関数を利用することでも、曜日を入力することができます。

TEXT関数の書き方

「月」「火」「水」の表記:=TEXT(値,”aaa”)
「月曜日」「火曜日」の表記:=TEXT(値,”aaaa”)
「Mon」「Tue」「Wed」の表記:=TEXT(値,”ddd”)
「Monday」「Tuesday」の表記:=TEXT(値,”dddd”)

たとえば「月」「火」「水」表記で曜日を入力したい場合、下記のように関数を記入します。

あとは下のセルを「急がば回れ」で選択し、Ctrl&Dでコピーすることで曜日を一瞬で記入することができます。

神速のExcel操作をまとめて知りたい方へ

第1回ExcelCamp実施時の写真

体系的にExcel操作を学びたい、Excelが苦手なので得意になりたいという方は、
「上位1%を目指す!ExcelCamp」のDay1にご参加頂くのがおすすめです。

ExcelCampは「Excel初心者が2日間で上位1%を目指す」をコンセプトに、これまで延2,000人の方に圧倒的なスキルを身につけて頂いております。

下の動画は、「Excel上位1%」の視覚イメージです。「30秒」だけお付き合いください。

ExcelCampの研修内容や日程はこちらからご確認ください。

著書「神速Excel」も絶賛発売中

目次
閉じる