【神速】0.1秒でExcelのシート(タブ)を移動するショートカットキーを解説


ExcelCamp講師おすすめのショートカット

シートを移動する
Ctrl&Fn&PgUp/PgDn
Ctrl&PgUp/PgDn
Ctrl&Fn&/

※上記どれかのショートカットがおすすめです。Windowsパソコンの種類によって発動するショートカットが違うので、①から順に試してみてください。

※ショートカットキーの表記について
ExcelCampではショートカットの表記を以下に統一しています。
・「&」は同時に押すショートカットです。たとえばCtrl&Cなら、Ctrlキーを押しながら同時にCキーも押すことで発動します。
・「+」は順番に押すショートカットです。たとえばAlt+E+Lなら、Altキーを押した後に一度指を離し、ELキーをそれぞれ順番に押すことで発動します。

————

シートの移動は、いちいちマウスを使わなくてもショートカットキーがあります。

この記事では「初心者から上位1%を目指す!ExcelCamp」の講師が、最も効率の良い「シートの移動」のショートカットを紹介します

※Mac版Excelのショートカットは紹介していません。Windows版のショートカットのみを紹介しています。

目次

0.1秒でシートを移動するショートカットキー

Ctrl&Fn&PgUp/PgDn
Ctrl&PgUp/PgDn
Ctrl&Fn&/

シートを移動するショートカットキーは3パターンあります。

キーボードの種類によって使えるショートカットが違うので、手持ちのパソコンはどのショートカットが使えるのか試してみてください。①を使えるキーボードが圧倒的に多いです。

Windowsノート_シートの移動_ショートカット

それぞれ

Ctrl&Fn&PgUpで「左」のシートに移動
Ctrl&Fn&PgDnで「右」のシートに移動

となります。

このショートカットの使いどころ

「使いどころ」というよりも、シートを移動するときには必ずこのショートカットを使って頂きたいです。例外はありません。

野沢先生

Excelを長年使っていますが、シートの移動で「マウスを使ったほうが効率的だった」ことは一度もありません

Fnを押す場合と押さない場合

Ctrl&Fn&PgUp/PgDn
Ctrl&PgUp/PgDn

①と②のショートカットの違いは、Fnキーを押すかどうかです。

これはあなたのパソコンのFnキーのデザインがどうなっているかで判別することができます。

図のようにFnキーとPgUp/PgDnキーが同じ四角で囲まれている、色が一緒の場合は、Fnキーを同時を押す必要があります。

シートの移動以外にも、神速のExcel操作をまとめて知りたい方へ

第1回ExcelCamp実施時の写真

体系的にExcel操作を学びたい、Excelが苦手なので得意になりたいという方は、
「上位1%を目指す!ExcelCamp」のDay1にご参加頂くのがおすすめです。

ExcelCampは「Excel初心者が2日間で上位1%を目指す」をコンセプトに、これまで延2,000人の方に圧倒的なスキルを身につけて頂いております。

下の動画は、「Excel上位1%」の視覚イメージです。「30秒」だけお付き合いください。

この記事を書いた人

株式会社DIK&company データサイエンティスト
ExcelCamp運営メディア 編集長

第1回ExcelCampに生徒として参加し、DIK&Companyのインターンを経て正社員として入社。現在は業務改善コンサルタントとして複数のプロジェクトに従事。ExcelだけでなくPowerPoint、Chrome、Notionなどあらゆるアプリケーションの最速操作技術に精通している。

目次
閉じる